So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

うちの近所にAEONができました。 in 中国

自転車で30分の距離の所にAEONができたので、(ちょっと遠いですが)行ってみました。
 
さすがにAEON!日本の食材が豊富にあります。
 
これで日本の食材で困ることは、ありません!
 
しかし、AEONのトップバリュ(TOPVALU)のビールが、1本1.5元(約24円)とは!
 
試しに買ってみたのですが、ちょい呑みには悪くなかったですよ。
 

nice!(0)  コメント(0) 

「魔法の学校―エンデのメルヒェン集」ミヒャエル・エンデ:著

「ネバーエンディング・ストーリー」で有名なミヒャエル・エンデの短編メルヒェン(メルヘン)集です。
 
子供たちに大切なことを考えさせて気づかせる。
 
物語を読みながら学べる物語って、強力なツールですね。
 
個人的には両親がだんだん小さくなっていく「レンヒェンのひみつ」が好みです。
 
子供も大人も「自分の望み」が一番大切だと知っているなら→
https://amzn.to/2UqP6bS
 

nice!(0)  コメント(0) 

「オートマタ(Automata)」(2014年) 観ました。(オススメ度★★★☆☆)

地球は太陽の影響で砂漠化した近未来の2030年代、 過酷な環境で人類の手伝いをするヒューマノイド型ロボット「オートマタ」が開発された。

当然、「オートマタ」には、”生命体に危害を加えてはならない”、”自他のロボットの改造を行ってはならない”というプログラムが書き込まれていたのだが、自己改造しているオートマタが発見され、ロボットに「心」が出来て人類との関係が変わっていくというストーリーです。

よくあるテーマの「ロボット・AI(人工知能)と、人類の関係」について取り扱った作品ですが、これからの時代、避けては通れぬテーマですね。

おそらく、人類は、現代正常と思っているモラル以上のことを、ロボットにさせる時が来ると思います。

その時に、ロボットが人類に反抗したらどうなるのか?

今から考えておかないといけないことなのだと思います。

やっぱり人類は、ロボットを奴隷として扱うのだと思うなら→
https://amzn.to/2JfAgQ9
 



nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりに落ちている便器発見 in 中国

そう言えば、久しぶりに便器を発見しました。
 
今回は、可愛らしいゾウさんのイラストが入った便器。
 
やはり翌日には、綺麗さっぱり無くなっていました。
 
落ちていたトイレ.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「白痴」(1951年) 観ました。(オススメ度★★★★☆)

ドストエフスキーの小説 「白痴」を原作として創られた黒澤作品です。
 
原作の小説は恥ずかしながら読んだことないのですが、純粋に人を愛することについて、「白痴(今でいう精神障碍者)」の行動を通して訴えかける重厚な作品でした。
 
「白痴」の人ほど、行動が純粋なのか、その周りの人の行動が野蛮に見えてくるのが不思議です。
 
しかし、なぜ黒澤作品って、引き込まれるんだろう?
 
音質は古く、特撮もなし、画像も悪いのですが、見入ってしまいます。
 
俳優陣の演技力、目力は凄まじいですね。
 
昔の俳優さんって、存在だけで伝える力があります。
 
ドストエフスキーの原作を黒澤明の映画で堪能する→
https://amzn.to/2HugcXJ
 

nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -