So-net無料ブログ作成
検索選択

「折れない心」野村忠宏:著

2015年に引退した柔道家・野村忠宏さんの半生記です。
 
オリンピックを3連覇した後、4連覇を目指す途上で怪我し、北京五輪の代表から外れた後、ロンドン五輪を目指していた頃の話です。
 
個人的にはとても息苦しい思いで拝読しました。
 
スポーツ選手の引退の形って、いろいろあります。
 
どういう形がベストなのかも「ない」と思います。
 
最終的には、その選手が納得するまで続けるしかないと思うのですが、怪我というのは辛いですよね。
 
勇気を頂ける著作でした。
 
http://amzn.to/2llqsGe
 


「ブレードランナー Blade Runner」(1982年) 観ました。(オススメ度★★★☆☆)

「ブレードランナー 2049」が制作されていて今年公開されるということで、本家の「ブレードランナー」を観てみました。
 
なかなかのカルト的な世界観で、良かったですよ。
 
なんと言いますか、1982年当時、未来は暗いと考えられていたのでしょうね。
 
全体的に暗いイメージで、人造人間(レプリカント)は、感情を持っているけど、本当の人間とは敵対関係というか、あんまりよろしくない関係なんですね。
 
つまり、現在でいう人工知能やロボット技術が発達して、人間らしいアンドロイドができても、社会はよくならないと考えられていた感じです。
 
この映画の設定時期である2020年に近づいている訳ですが、まだ空飛ぶ自動車実用化されてないですし、感情を持ったアンドロイドも実用化されていません。
 
そして何よりも環境破壊で、世界が暗黒の世界には、なっていません。
 
そう考えると世の中はそんなに悲観的な方向には進まないってこと。
 
これからも明るい未来を思い描いて、進んでいけば良いってことです。
 
さて、続編のブレードランナー2049は、どんな感じに仕上がるのでしょうね。
「ブレードランナー 2049」の予告編→
https://www.youtube.com/watch?v=F9dNIeHJQoI
  
しかし、ハリソン・フォードがずっと第一線で活躍しているのは、すごいですね。
 
http://amzn.to/2rdXKrL" target="_blank">http://amzn.to/2rdXKrL
 
http://amzn.to/2re7D8W
 

外箱のないテイッツユのためのケースです。

「テイッツユ」?
 
「ツ」は、「シ」の間違いですよね。
 
しかも、「ユ」は大文字ですし・・・。
 
微妙に残念ですね。
 
けど、こういうのを見つけると、ちょっと嬉しいんです。
 

珠海は大気汚染もひどくなく不動産を持つのにオススメの所です?

珠海から香港に行くフェリーにおいてあった不動産雑誌です。

珠海と上海と天津を比べて、こんなに空気が綺麗なので、不動産を持つには良いですよ。

というアピールみたいです。

まぁ、確かに中国の北の方よりは空気は綺麗みたいですがね。

不動産を持つのに最適な時期かというと・・・・高すぎますよ!

しかし、中国らしいですね。

大気汚染されていないことが、メリットになるのですから。
 



「ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX」水上紀行:著

FXの本というよりも、為替ディーラーとしての経験と洞察力が
参考になりました。
 
プロの投資家の心理って、こういうものなんですね。
 
・年間を通した季節要因
・各マーケット東京ロンドンニューヨーク)ごとの特性
プライスアクションの分析
 
この辺りが特に参考になりました。
 
なぜ、こういう上がり方をして、こういう下がり方をするのか??
 
理由がわかれば、対応もしやすくなるというものです。
 
http://amzn.to/2mv80gG