So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

本当に問題なの?若い世代のための人口減少問題

以前に、人工知能を持ったエロロボットができたら、人類は滅亡するのではないか?という内容を書きました。
 
するとコメントで、「人口減少は問題です」という内容のご意見をいただきました。
 
私個人的には、人口減少、特に日本の人口減少は、そんなに問題のないことだと思っているのですが、せっかく、こういうご意見を頂いたので、少し考えてみました。
 
まず、日本の政府はどう考えているのでしょう? 
 
内閣府のホームページより「少子化対策」の内容はこうなっています。 
 
■少子化対策
 
少子化の進行は、未婚化・晩婚化の進行や第1子出産年齢の上昇、長時間労働、子育て中の孤立感や負担感が大きいことなど、様々な要因が複雑に絡み合っており、きめ細かい少子化対策を網羅的に推進することが重要です。
 
行政による支援の充実に加え、結婚、妊娠、子供・子育てを大切にするという意識が社会全体で深く共有され、行動に表れることで、若い世代が、結婚、妊娠・出産、子育てに対し、より前向きに考えられるようになる。結婚、妊娠、子供・子育てに温かい社会の実現に向けて、内閣府では、総合的な少子化対策に取り組んでいます。
 
参照:http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/index.html
  
あれ?「人口減少」については触れられてない?
 
「少子化は、色々な原因があるけど、温かい社会にした方がいいよね?」って感じですね。
 
まぁ、それはそれで大切なことです。
 
辛く冷たい社会よりは、温かい方が良いですから。
 
続いて、同じく内閣府の「第2章 人口・経済・地域社会の将来像」より(一部抜粋)
  
■(3)人口急減・超高齢化の問題点
 
人口急減・超高齢化が経済社会に及ぼす影響としては、主に以下の4つが挙げられる。
 
●経済規模の縮小-人口オーナスと縮小スパイラルが経済成長のブレーキに
●基礎自治体の担い手の減少、東京圏の高齢化
●社会保障制度と財政の持続可能性
●理想の子ども数を持てない社会
 
多少の人口減少は仕方ないではないかという考え方、人口は様々な人々の選択の結果であって良いとか悪いとかいう問題ではないという考え方などもあり得るところであるが、ここでは、急速な変化の影響と、望ましい選択が十分にできていない可能性を指摘する。
 
参照:http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s2_3.html
 
ここでも正直に、「多少の人口減少は仕方ないではないかという考え方」「人口は様々な人々の選択の結果であって良いとか悪いとかいう問題ではないという考え方」もありますよ、と書かれています。
 
「けど、急激に人口が減ったら、経済や財政で問題が出て来ますね。」ということです。
 
むしろ「超高齢化」の方が問題視しているような感じです。
 
少し穿った見方、いやかなりひねくれた言い方をするなら、「わしら、年寄りは死ぬまでこの生活レベル以上を送りたいから、若い人よ、もっと子供増やして、お金を払って、わしらを楽にさせてね」ってことではないでしょうか?
 
私なんか、若い世代の人に明るく楽しく生きて欲しいと心の底から願っている中年ですので、若い世代の負担で成り立っている社会制度は、そもそも存続不可能だと思っていますし、それを若い世代に求めたらあかんわ、と思っています。
 
健康な体と脳みそがあるので、自分のことは自分でやらないといけない。「老後は自分で何とかする派」です。
 
もちろん、セイフティーネットとしての生活保護制度など、最低限の仕組みは必要ですよ。
 
なのでですね、「人口減少は問題」という背景には、受け取る側(つまり高齢者側)の「お金」(経済・財政)の側面(天下りとかも含めてね)が大問題だということです。
 
一方、若い世代からしてみると、「おいおい、もちろん高齢者を大切にしないといけないのはわかるけど、僕らが貧乏になってまでも、おたくらを支え続けないといけないの?」ということではないでしょうか?
 
だから、結婚したり、子供を作ったりすると、「お金」がかかって大変なので、「少子化」がさらに加速する。
 
あれ?繋がった?って、え?みんな知ってる?って?
 
私なんかね、何回も言いますが、どちらかというと、若い世代が大切だと思っています。
 
はい、熟女や元熟女よりも、ピチピチのギャルの方が好みです。(そっちかい?)
 
だからですね、社会制度の問題は、若い世代に解決を求めるのではなく、今の世代が解決して、「お金」の問題を次世代に残さないことが大事なのではないかと思うんです。
 
まぁ、その具体的な解決方法となると、年金がなくなるとか、極端に少なくなるとか、高齢者だけの超増税とか、そんな感じになるのでしょうけど・・・・(高齢者さんゴメンなさい)
 
本音を言うと、「温かくない社会」ですが、そういう社会を築いてきた人が、ある程度は責任を取るしかありませんね。
 
この点は、問題を先送りせずに解決しないといけないかと・・・・。
 
ごく一般的な感情として、親が二人なので、子供が二人以上いるのが望ましいというのは理解できるのですが、大きな流れとしての人口減は止められません。
 
その上で、日本の人口減少を考えると、人口密度も減ることになるので、居住スペースが広くなり、今より住居空間は快適になると思います。
 
労働力の減少については、日本の社会が労働集約型の労働をもっと減らし、知識集約型に移行することで対応していくしかないと考えます。(その変化のスピードが遅いと問題でしょうが)
 
もちろん、どんどん減って、日本人が最終的にゼロになることはないでしょう。
 
ある程度減って、適正化すれば、今度はまた増えていくでしょうからね。(生物ってそんなものですから。)
 
このままでいくと、西暦3000年に日本人はゼロになると言う説があるそうですが、「このまま」いきませんので大丈夫!
 
あえていうのであれば、「対策をしない日本人」が問題なのかも知れませんね。
 
という訳なので、日本における人口減少はあまり問題ではないと、私は考えているのです。
 
さて、人口減少が問題と考えている人は、この「自分がもらえるお金」の問題以外に何かポイントってあるのでしょうか?
 
もし、私も気づいていない部分があるのであれば、また指摘お願いします!
 
今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
認知症予防のために、「何が問題なのか?」考えるトレーニングという高齢化対策をしよう!
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

nice!(0)  コメント(0) 

「道をひらく」松下幸之助:著

やっぱり幸之助さんの言葉は、重いしストレートです。

いつの時代の人にも共感を得られるっていうのは、真理ですよね。

たまに手に取って、読み返すことも大切です。

特に感銘を受けた所を、引用させて頂きます。

背筋が伸びる思いがします。

「あなたはいま 何をもとめて日々努力し
日本はいま 何をめざして進んでいるのだろうか
ともに育ち ともに暮らしているこの国を愛し
日本人自身のすぐれた素質を大切に思うならば
政治家も経営者も 勤労者も家庭の夫婦も
おたがい 他にのみ依存する安易な心をすてて
みずからが果たすべき責任にきびしく取り組もう
この国日本の 百年の計をあやまらないために」
 
Amazonで確認する→
http://amzn.to/2tqHtQW
 

nice!(1)  コメント(0) 

「GANTZ」「GANTZ Perfect Answer」(2011年) 観ました。(オススメ度★★★☆☆)

奥浩哉先生の「いぬやしき」を大人読みした時に、この「GANTZ」を友人より紹介して頂いたので、実写版の方を鑑賞しました。
 
簡単に作品を紹介すると、「宇宙人と地球人の戦い」なのですが、「そもそも戦いに正義はあるの?」つまり、「宇宙人が悪いから殺していいの?」と問いかけられている感じですね。(それが作品のテーマか?)
 
前編後編と長丁場だったのですが、ただ、映画作品としては、単に「戦闘シーンが美しい!」それだけです。なので、★3つです。
 
コミックの世界観は、実写版に出ているのかな?コミックも大ヒットしたようですが・・・

追って、コミックの方もチェックしてみます。
 
Amazonで確認する→
http://amzn.to/2zPmRIw
http://amzn.to/2zPnvWs
 

nice!(1)  コメント(0) 

ネガティブに感じても問題ありません!

以前のトピックで、「ポジティブ思考」について書いたのですが、結構反響を頂きましたので、もう少し補足させて頂こうと思います。
  
まず、この格言ですが、読んだことはありませんか?
_______________
 
二人の男が鉄格子から外を眺めた。
一人は泥を見た。一人は星を見た。
 
【引用文】
Two men look out through the same bars:
one sees the mud, and one the stars.
 
フレデリック・ラングブリッジ(アイルランド)
(1849~1923)「不滅の詩」より
_______________
  
金言格言やことわざというのは、様々な解釈ができますが、この格言は一般的に、次のように捉えられているかと思います。
  
全く同じ状況に置かれていたにも関わらず、人によっては見る景色が違う。
  
つまり、物事のどの部分に目を向けるかはその人次第だということですね。
  
それで、どっちが「ポジティブ」で「前向き」な見方だと思いますか?
  
「泥」を見た方なのか?「星」を見た方なのか?
  
どちらが良いのかは、少し考えてみてくださいね。
  
それでは、次は私がアレンジした話です。
_______________
 
三人の男が鉄格子から外を眺めた。
 
一人は泥を見た。一人は星を見た。
 
もう一人は、外を眺めただけだった。
_______________
  
あれ?あなたは本当に何か見えてますか?
  
重要ポイントは、分かりましたか?
  
え?わからない?
  
じゃ、もう少し分かりやすい例題で・・・
_______________
 
三人の男が鉄格子から外を眺めた。
 
一人は「お、ここから出れそうだ!」とポジティブに感じた。
 
一人は「あぁ、ここから出れそうではない。」とネガティブに感じた。
 
もう一人は、「あ、そう」と言って、そのまま寝た。
_______________ 
 
分かります?
  
ポジティブに感じても、ネガティブに感じても良いんですね。
  
次の行動につながりますから。
  
しかし、「そのまま寝る」=つまり思考を停止して、何もしないと、何の変化も起きません。
  
つまり、そのままの状態が続くってことです。
  
もう少し厳密に言えば、肉体という物質も老化するので、あとは死んで行くだけ、ってことですね。
  
「泥」を見ようが、「星」を見ようが、あんまり関係ないんですね。
  
それをどう判断するか、どう次に繋げるかが大切ということです。
  
「あぁ、ここから出れそうではない。」とネガティブに感じた後に、「では、どうしたらいいんだろう?」と考えて、次に進むことです。
  
その時は、少しスピードダウンしていいんです。
  
そこで多くの人は、「あきらめる」というか「ふさぎ込む」というか、そんな状態になって、「そのまま寝る=思考停止」する側に移ってしまうのです。
  
ペースダウンをしても良いが、思考停止は良くない。
  
分かっていただけますか?
  
では、「ネガティブ」という「ペースダウン」の状態に陥った時にどうすれば良いのか?
  
それは、「正しい言葉を自分に問いかける」って、ことですね。
  
先ほどの「では、どうしたらいいんだろう?」というのも良い例です。
  
そこまで冷静になれないのなら、「大丈夫」とか「いける!いける!」とか「この状態は自分らしくない」とかの「ポジティブ」系言葉を発するだけで良いんです。
  
無理矢理にでも、このような「ポジティブ言葉」を発していると、脳みそが「その状態」を探し出してくれます。
  
大切なのは、見ること、感じること、行動すること、そして、ペースダウンをしても、思考停止はしないこと。
  
何もしない、何も感じない、諦めて寝てしまう、のでは、何も進みません。
  
これが理解できれば、「ネガティブ」に感じた時も、「感じた」ことに感謝して、次のステップアップにつなげていけるようになります。
  
今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
どんな感情でも、感じられたことに感謝できると行動できる。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

nice!(1)  コメント(0) 

「株で富を築くバフェットの法則[最新版]」ロバート・G・ハグストローム:著

今更ながら、バフェットさんを学んでいます。
 
これは「投資」というより、完璧に「ビジネス・オーナー」の視点ですよね。
 
そこには「投機」の要素は、全くありません。
 
やはり偉大な投資家から学ぶべきことはたくさんあります。
 
気に入ったフレーズを引用します。
 
・「投資を学び学生が取るべき科目は、事業をどう評価するかと市場の価格をどう考えるかの2つだけである」
 
・経営のモットーは「上手に雇って、管理しない」である。
 
・逆説的だが、「愚かな」資金も、自分の限界を知れば、愚かではなくなる。
 
・事業で意味のあることは、株式投資でも意味がある。通常、事業の一部しか保有していない投資家も、事業全部を保有するオーナーと同じ行動にこだわるべきだ。
 
・私たちの投資スタイルは、私たちの個性と私たちが望む生き方とぴったり合っている。
 
人生について考える時、「投資」に求められることと、本当によく似ているなぁと思います。
 
Amazonで確認する→
http://amzn.to/2vKVAmf
 

nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | -